2012年12月12日

Vol.5は「クリスマスのお話(行事や習慣)」と「ガーナからの手紙(貧困やアフリカ)」

スピードラーニングジュニアの5巻目を聞き終わりました。
途中、マジックツリーハウスに浮気をしていたのが功を奏して、ちょうどこの時期に「クリスマス」のお話だったのはラッキーでした。

すぴーどらーにんぐじゅにあ ちゅうこ

エスプリラインの教材は、程よく「行事」のお話が入っています。
ジュニアの場合、登場人物が設定されており、シリーズ物のお話を聞いている感覚になりますね。

小学生の子供たちは、1巻目から、小学生のあやかと中学生のさとし、そしてそのお友達の癖や関係を把握してお話を楽しんでいます。
それぞれ、特徴のある人物像になっているので、あれこれツッコミを入れながら聞き流しすることも(笑)

もっぱら、我が子の注目人物は「ティミー」ですね〜
ティミーが出てくると「また〜!」と喜び、言い方を(もちろん英語で)真似て遊んでいます。


5巻目のクリスマス(行事のお話)は、あやかがお友達のクリスマスパーティーにお呼ばれして、いろんな体験・目新しい食べ物に遭遇します。
さらに、オレゴンに行っているさとしとの電話のやり取りもありました。

アメリカならではのクリスマス習慣が分かるだけでなく、ほのぼのとしたストーリーになっているので、毎回心が和みますね〜。

教会のクリスマスも、クリスマスプレゼントのお話も入っていてかなり充実〜な5巻でした。

次のお話「ガーナからの手紙」は、聞く年齢によって受け止め方が違うかも。
こちらは、我が子が中学生になったらまた聞き流し・聞いてほしいなと思う内容でした。

淡々と、ママが娘にガーナ旅行で見聞きした体験を手紙にしたためて送っているだけですが、考えさせられることがいっぱいです。
大人にもおすすめなお話ですよ。

こちらのCDをかけ流しし終わった後、
夜寝る前の読み聞かせにクリスマス絵本をチョイスしました。
The Berenstain Bears and the Joy of Giving (Berenstain Bears: Living Lights)
Jan Berenstain Mike Berenstain
Zondervan (J)
売り上げランキング: 16279

↑子供たちの大好きな、バーンスタインベアー絵本。

Is That You, Santa? (All Aboard Reading)
Margaret A. Hartelius
Grosset & Dunlap
売り上げランキング: 2

↑こちらは、簡単英語絵本。以前読み聞かせしました〜♪

How Santa Really Works
How Santa Really Works
posted with amazlet at 12.12.12
Alan Snow
Atheneum Books for Young Readers (2007-10-02)
売り上げランキング: 63

↑こちらは、眺めているだけでも楽しくなっちゃう・発見がある絵本

だれも知らないサンタの秘密
アラン スノウ
あすなろ書房
売り上げランキング: 1417

↑日本語訳絵本も、人気☆ですよ〜


ひらめき 公式サイトで効果を確認する
 >> 
スピードラーニングジュニア英語


posted by ママも英語を勉強中 at 10:20| Comment(0) | スピードラーニングジュニア 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

スピードラーニングジュニア1巻の内容と、親子一緒の良い点

1-1.JPG

晴れ 1か月分の教材

1)教材(English-Japanese CD、English Only CD)

CDケースに2枚CDが入っています。

1枚が英語のみ収録されているCDで、
もう1枚が英語⇒日本語と収録されているCDです。


2)スクリプトブック

CDの内容が、1冊のテキストブックになっています。
左側のページが英語、右側のページが日本語になっています。

挿絵・写真は、少しあります。
文字ばかりのページが多いです。


3)毎日聞きたくなる「聞き流シート」
(やる気がアップする「夢をかなえるゾ!シート」)

CDを聞いた日に、1つ塗りつぶします。
1枚に30個○があり、約1か月分毎日聞こうね・・・というもの。


4)情報紙「エスプリ・ジュニアランド」

アメリカの学校の様子やアメリカの文化について、書かれている情報誌です。


晴れ 1巻目の内容は?

1)教材(English-Japanese CD、English Only CD)第1巻
2)スクリプトブック 第1巻

初めてのアメリカの小学校
The First Day of Elementary School in America

みにくいアヒルの子
The Ugly Duckling


3)毎日聞きたくなる「聞き流シートNo.1」


4)情報紙「エスプリ・ジュニアランド」Vol.1

・アメリカの学校でもランチはどんな感じ?

アメリカの国旗について

・アメリカ留学体験談

フリートークの説明
※スピードラーニングジュニアでは、月に2回5分程度電話で英会話することができます
その説明です

・英語あそび(英語のクイズ)

・次回の予告


晴れ 大人が聞き流してみての感想

朝、朝食時に家族全員でまず聞き流してみました。
小学3年生の子ども達は、ところどころ耳を傾けながらご飯を食べていました。

私は、「聞くぞ!」と集中しないと聞こえてこない状態でした。

その日は1日中CDをかけ流していました。
(はじめは英語OnlyのCDで、次に英語⇒日本語のCD)

子ども達は午後には、CDのフレーズをまねたり、
スクリプトをCDと共に見たり読んだりしていました。

子ども達が私に、初めてのアメリカの小学校(あやかのお話)をあれこれ話しかけてきました。
子どもが「面白いよ」と言った場面や、キャラクターの言動に注意を向けてみると、
だんだんお話が、日本語と英語共に入ってきました。


「Come on, it's chocolate.」「おいおい、チョコレートだよ!!」
「Awesome!!」「すっげ〜!」

このフレーズはとても印象深くて、忘れられない感じです。(*^_^*)


晴れ 子どもと楽しむと自分も分かる!

面白いことに、
子ども達が興味を持った「初めてのアメリカの小学校」のお話は、
少しずつ頭の中に英語も日本語も浸透していく感じがします。

しかし、子ども達が興味を持たなかった「みにくいあひるのこ」は全然記憶に残らず。

親子で一緒にスピードラーニングジュニアを聞き流して、
お話の内容について「話し合う」のがポイントだと思いました。

親子で話し合うことによって、より深く私の頭にフレーズが残るような気がします。

これがイコール「私も英語が話せるようになる」になるかどうかは分かりません。
でも、1人で孤独に勉強するのよりきっと「効果」がありそうな気がしてワクワクしています。




犬 息子のスピードラーニングジュニアのブログ
Vol.1の感想 お話が面白くて笑っちゃいます

猫 娘のスピードラーニングジュニアブログ
Vol.1の感想 日本語と英語が交互に流れるCDが好きです

ひらめき スピードラーニングジュニア公式サイトはこちら
 >> 
ジュニア英語 スピードラーニング



posted by ママも英語を勉強中 at 16:30| Comment(0) | スピードラーニングジュニア 口コミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。